国立研究開発法人
新エネルギー・産業技術総合開発機構

World Robot Summit 2018のNEDOロボット・AIフォーラム2018において、ISO/TC20/SC16議長のJohn Walker氏と本プロジェクト関係者が講演を行いました

トピックス2018/10/24

【概要】

 

World Robot Summit 2018初日である17日(水)、NEDOロボット・AIフォーラム2018のドローンセッションにて、アメリカより招聘したISO/TC20/SC16議長のジョン・ウォーカー氏と、本プロジェクトPMの宮本(NEDO)、日本ドローンコンソーシアム会長の野波氏、ゼンリン執行役員の竹川氏が講演を行いました。

ドローンの社会実装という観点から、「国際標準化の課題」、「本プロジェクトのアプローチ」、「社会的インパクトの大きいドローン技術の実用化に向けた課題」をテーマとしていた3講演は、申込人数が早々に満員になるほど、セッション開催前から大きな注目を集め、当日も、参加者の方々が熱心にメモを取る様子が多く見られました。

 

【講演内容】

 

①「Intgegration of Commercial RPAS into Global, Non-Segregated Airspace」

ISO/TC20/SC16議長

John Walker氏

 

・ドローンの国際標準化を巡る検討状況と展望について

・ドローンの国際標準化・社会実装における日本への期待について


 

②「ドローンが飛び交う社会を目指して」

NEDO ロボット・AI部主査 プロジェクトマネージャー

宮本 和彦

 

・DRESSプロジェクトの概要とスケジュールについて

・ドローンの社会実装に向けた実証実験について

・DRESSプロジェクトの実証実験に欠かせない福島ロボットテストフィールドについて


 

③「『空の産業革命』はどこまで進んでいるか、課題および展望」

一般社団法人ドローンコンソーシアム会長

野波 健蔵氏

 

・社会的重要性の高いドローン技術について

・ドローンの社会実装に必要な「運航管理システム」」の発展状況や課題、今後の展望について


 

④「ドローンの安全飛行に必要な”空の道”の社会実装に向けて」

株式会社ゼンリン 執行役員 IoT事業本部長

竹川 道郎氏

 

・ドローンの社会実装のためのソリューションである「スカイネットワーク」と「運航管理」について

・ドローンの安全飛行に欠かせない、ゼンリンの情報提供機能について


 

 

WRSのドローンセッションにて講演される ISO/TC20/SC16議長、ジョン・ウォーカー氏

サイト利用

著作権について

リンクを希望される方へ

免責事項

プライバシーポリシー

情報の取得

当サイト(https://www.nedo-dress.jp)で提供するサービス(各種お問い合わせの受付等)において利用者から個人を特定できる情報を取得することがあります。取得の際にはその利用目的を明示し、取得した個人情報は利用目的の範囲内で適切に取り扱います。
なお、取得する個人情報は、当サイトの各サービスを提供するにあたり必要な項目で、例えば次のようなものがあります。

・氏名
・所属機関
・住所、郵便番号
・電話番号
・E-mail
・その他、サービス提供に不可欠な事項

情報の利用範囲

当サイトでは、利用者から取得した個人情報は、あらかじめ明示した利用目的の範囲内で利用します。また、第三者への提供は、以下の場合を除き、一切行いません。

・法令等に基づき要請された場合
・公開すべき場合でかつ、本人の同意がある場合
・守秘義務契約を結んだ業務委託先などへ利用目的範囲内で個人情報を提供する場合

アクセスログについて

当サイトでは、利用者が使用するIPアドレスを含むアクセスログの記録を行っていますが、IPアドレスにより個人が特定されることはありません。アクセス数などの統計分析以外の用途には使用しません。統計分析結果により利用者のアクセス傾向を把握し、今後の当サイト運営の参考とするために使用します。

個人情報の管理

当サイトは、取得した個人情報について厳重に管理し、紛失・漏洩・悪用・改ざん・不正アクセス等の危険防止のために必要な処置を講じます。なお、当サイトの運用については外部に委託することがありますが、委託先においても収集した情報の適切な管理のための必要な措置を講じます。

プライバシーポリシーの変更

このプライバシーポリシーは予告なく変更することがあります。変更した際には当サイト上に掲示します。